<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

働く女性のエンパワメント支援セミナー(女性と仕事の未来館)<1>

1月20日~22日の2泊3日で東京港区にある「女性と仕事の未来館」で“働く女性のエンパワメント支援セミナー“を受講してきました。

1日目は若年女性を対象の「若い女性のキャリア意識を学ぶ」をテーマとして”仕事をもつことへの思い~若年女性を中心とした職業キャリアとライフキャリアの選ばれ方」といテーマで独立行政法人労働政策研究・研修機構特任研究員の奥津眞里さんが、テーマに関する多様なデータを示しながら時代の変化による女性意識や働き方の変化を話されました。

女性は結婚、出産年齢、雇用情勢、雇用のルール等によって男性より時代の変化に大きく影響を受ける傾向があります。しかし、1985年バブル経済の時、1993年バブルがはじけた時、2008年晩婚・晩産時代になっても統計的に見ると、「学卒後就職し、40代で再就職をする」という就職と再就職の時期は変化していないとのこと。ということは、結婚後、70%の女性が辞職するという趨勢は変化していないということです。但し、再就職の就労人口は増えていますが、それは非正規雇用と就労のチャンスが増えたという雇用状況の変化があるということです。

これまでの日本社会では「子どものいる女性が就労することに対して肯定的ではないため、結婚後退職することが慣わしとなっている事、社会制度の不整備」等もありました。
しかし、現代においては、女性は経済的理由により家庭の実質的経営者(責任者)として自分自身を考えている事と、自分の名前で職業や社会的活動などで社会とつながっていることが「幸福」という考え方も出てきたところは、以前とは異なっている、ということです。
大事なことは、女性が自分のライフキャリアを考える時には「何を大事にして生きるか」という価値観が重要であり、この事は就労に際して「子どもの成長と自分との関係」の中で決定されるということ。これは、最近そういう考え方になったのではなく、昔から女性は子どもの成長との関係を大事にしてきたということです。

この講演の内容はデータに基づいたものなので、理論的には良く解るのですが、ほとんどがデータの説明に時間を割いているので、もう少し具体的な話も聴きたかったと思いました。ただ、問題点としては、女性の働き方の典型が制度の整備が行われても、長年変化していない事でした。世間の目を意識する女性、他人の考え方に引っ張られる女性の意識が変わっていないということでした。もう一つの問題点は高学歴の女性ほど、
結婚に際して高学歴・エリートの男性と結婚する傾向があり結婚後の就職の少なさにもつながっているということでした。以前、女性の就労について日本と外国の女性を調査した場合、日本ほど高学歴でありながら、その能力を仕事に活かしていない国は少ないということをレポートしていましたが、まさに今回のセミナーでも同じ様な事が分かりました。

1日目の後半では「実践で学ぶファシリテーション」を参加型学習として行いました。自分が、参加型学習形式の講座の時にファシリテーターとして、どのように関わるか、ということを学習しました。決められた時間の中で、提起されたテーマについて4~5人のグループへのファシリテーターとしてどのように提案したり、考えるきっかけを与えるかが、重要です。常にグループ全体、一人ひとりから出されたアイディアをどのようにつなげ、形にしていくか。頭と心を連動させながらの作業は大変でした。
ホテルに帰ったら、ぐったりでした。せっかく上京しても、有名なスカイツリーを見ようとする気もなく、広島に帰って初めて、そのことに気づきました。

2日目は、「働く女性の現状とこれからを考える~非正規化する働き方のなかで~」をテーマとして、前半は「非正規雇用の拡大と課題」について鹿嶋敬大学教授の講演があり、後半は5名(放送大学教授、ジャーナリスト、日本労働組合総連合会副事務局長、評論家、企業の顧問)、のシンポジストによるパネルディスカッションが行われました。

それらについては、次回に書きます。
[PR]

by eastwatery | 2011-01-30 19:13  

働く女性エンパワメント支援セミナーへ参加してきました

1月20日~22日まで2泊3日で「女性と仕事の未来館」での研修に参加してきました。
このことに着いては、明日書いていくつもりです。

今日は、2泊した「グレースリー田町」の部屋に置いてあった「きずな」の中からピックアップしたものを紹介したいと思います。

☆この小さ手に 大きな幸せを
 
生まれてきてくれて  ありがとう 
安らかな寝顔を    ありがとう
愛らしい笑顔を    ありがとう
元気に育ってくれて  ありがとう
パパとママは
  いつも あなたの幸せを 祈っています

☆結婚式 、 結婚記念日

 かさね合う ふたつの人生
 結婚式は ほやほや家族の誕生日
 それぞれに 歩んだ人生が ひとつになって
 今日から 積み上げてゆく 夫婦の記念日
 笑顔あふれる家庭をつくりましょうね
    いっぱい会話して
    旅行も いっぱい行きましょうね

☆賀壽(Longevity)

言葉にできない 感謝の気持ち
正しい判断ができるようになるまではと
大きな合いで見守ってくれた父

自分の事は差し置いて
子どものことを最優先してくれた母

感謝の気持ちを込めて これから
じっくりと親孝行します
だから、 いつまでも長生きをしてください

この3つの☆は、人生の節目、節目で 自分とのつながり、絆に気づき、改めて
感謝の気持ちをもって「幸せ」に満たされる時の言葉ですね。

気持ちは、言葉で表わさなければ伝わらない。表す事が苦手でも「自分の言葉」で書くことで、きっと相手には伝わることでしょう。たとえ、携帯電話であっても伝えたい言葉だと思いました。
[PR]

by eastwatery | 2011-01-23 21:24  

伊達直人現象について

4日前に大きな仕事を終えた後、ほっとしたのか、風邪なのか、急に胃腸の調子が悪くなり昨夜までは食欲もなく何をする気にもなれず、過ごしていました。やはり年齢なりの活動をしなくては・・・・。と思いました。調子が悪いにもかかわらず、ボランティアでしているキャリア相談と電話相談で2日間、活動していたのもこたえたのでしょうね。

さて、伊達直人現象、本当にうれしいことです。「人間の心の中には、本来だれでも人や社会のために役立ちたいという気持ちがある」と、ある生涯学習研究者が言っておられますが、私もその考え方には同意します。
それが人間の本来の姿であると思いますし、最近の人とのつながりが希薄となっている現在、全く関係のない人に対して、少しでも幸せな気持ちになればるように・・・・という発想でこの現象が生じているのではないか、と思っています。

私どもは、もう10年くらい「(財)日本フォスター・プラン協会」が運営しているフォスターピアレンツとなって、今まで、3人のフォスターチャイルドのサポートしてきました。一番目はインドネシアの子ども、2番目はウガンダの子ども、3番目はパキスタンの子どもです。それぞれの子どもの状況によって違いますが、その子どもたちが自立するまで毎年年6万円のサポート費用を寄付しています。インドネシアの子どもは自立するまでサポートできましたが、ウガンダの子どもは、突然一家の行方不明となって、打ち切りを財団から伝えてきました。
私たちがしていることは寄付だけでなく、金額や品物が制限されている(宗教的なこと)のでその範囲内でのプレゼント、手紙などです。

それに対しては、チャイルドから生活の様子などを知らせる手紙や絵など、財団からの詳細なチャイルドの状況を書いたレポートが送られてきます。
私どもがフォスターチャイルドを育てたいと思ったのは、一人の子どもしか恵まれず、もう一人の子どもを持って何らかの形でサポート出来たら、と考えたからです。日本は少子化ですが、まだ、発展途上国の子どもたちからみれば、いろいろな面で恵まれています。子どもたちにとって一番大切なことは「愛されていると感じられること、自立のために教育を受けられる事』だと思っているので、フォスターチャイルドを選びました。実際に手紙のやり取りや財団からのレポートから、サポートをしていても家族の一員としての仕事を(何キロ先のところまで毎日水を汲みに行くとか、幼児の世話など、いろいろとあってまともに学校に行けない子どももいるのです。
私どもは、子どものサポートをすることが寄付ではあっても慈善事業とか、社会福祉とか上から目線とかは考えていません。とにかく、一人でも子どもが幸せになればという思いと、二人で一人の子どもを育てたいだけという思いがあるからです。また、6万円は、少し少額かもしれませんが、もう一方でユニセフへ引き落としで毎月1,000円とクリスマス時期のカード購入です。

寄付というものは、自分が出来る範囲で無理をしないで長期間続けていければいいと思っています。私の友人の中には、何人かフォスターピアレンツになっている人がいますが、そのうちの一人は外国出張の際にチャイルドに会いに行った人もいます。

私は、父を早くに亡くして母ともども経済的な問題が多々ありましたが、苦労とも思わず育ててくれた母のおかげで、人の温かさや人とつながることの素晴らしさを知ることが出来ました。・・・・・・ということで、私は夫の理解もあって、夫婦で多くの人にサポートしていただいた事を今、返しているともいえると思います。
(6万円という少額の寄付であっても申請すれば税金の控除もあります。ちゃんとその時期になれば「(財)日本フォスター・プラン協会から書類が来ます)
[PR]

by eastwatery | 2011-01-17 13:03  

超高齢社会の小規模多機能ケア

今年は「平和」に重点を置いて、ブログを書いていきたいと書きましたが、もう一つ「これからの高齢者と高齢者を支える者の生き方」にも焦点を当てていきたいと思っています。

私は数年前から「高齢社会をよくする女性の会・広島」の会員となっています。会員は100%近くが65歳以上の高齢者で、高齢社会をより良く過ごすにはどうすればよいかを、会員みんなで考えていこうとするものです。

過日、当会の主催で会員の数人が小規模多機能ケアをしている施設を見学し、その報告会がありました。小規模多機能ケアの機能は「一人ひとりの地域での暮らしを継続させるために、通い(デイ)だけでなく、泊まり(ショートステイ)や自宅での支援(ホームヘルプ)、住まい)グループホーム)などを一体的に提供する」施設というものです。この施設の始まりは宅老所(民家などを使用し、家庭的な雰囲気の中で一人一人の生活リズムに合わせた柔軟なケアを行っている小規模な事業所)が認知症の高齢者やその家族の思いに向き合い、寄り添う中で、その方の暮らしを連続的に支援しようと、多機能化したサービスを包括的に提供することからです。

小規模多機能施設は広島市内では、約10か所あります。これらの施設では、地域との交流や地域活動に参加し、身体状況や希望を踏まえて「通い」「訪問」「宿泊」を組み合わせて提供しています。
「通い」を利用していない日は「訪問」を、というように、これまでの生活が続けられるようにしてあります。
また、症状によっては、「認知症グループホーム」への入所をスムーズに支援にするような取り組みが
なされており、顔なじみの人が担当者になって世話をしているので、認知症の高齢者には疎外感がないとのことです。

これらの施設では、「できる限り家で最期まで一緒に暮らす道を生きた」という形で親と子のきずなを強め、満足感をもたらす面があるということです。

ある宅老所を経営している人の話では「親と子が”つきあう”ということは”つきあいつつ”互いに人生の意味を”つきつけられる”ことでもあり、特養や病院など施設に親をぽんと入れてしまえば”楽になる”が、”共に生きあう”なかで"つきつけられることがない"ので、その分親子の絆が耕され、深い”魂の触れ合い”が失われるところがある」とのこと。

この経営者の言葉は、人生の最期が近い親を子どもが、どう送っていくのか、どうサポートしていくか、ということを表しています。「深い”魂の触れ合い”が失われる」と言う言葉が、いかに人間として生きていくか、ということに迫る言葉だと思っています。

そのような親と子の関係をつ続けて行くためには、小規模多機能施設にとっては、ボランティアとしての地域の人の協力が必要であり、受け入れる経営者側は「魂が大事」ということです。

つまり、人とのつながりがある地域づくりがあって初めて『介護される側、介護する側がこの町に住めて良かった』という「まちづくり」になるということです。また、地域住民のうち、さまざまな事情から「生き難さ」を抱えた人を受け入れ、その人たちの「人間力の再生の場」にもなりうるとのこと。その例として「生き難さ」を抱えた青年たちが元気になって高齢者と共にある姿を報告者は見せてもらった、と言っています。

事実、小規模多機能施設の小型の形式である「宅老所」の中には高齢者だけでなく障がい者や子どもなど、支援の必要な人全てを受け入れているところもあるとのこと。これらは、はるか昔、1980年代半ばから全国各地で始まった草の根の取り組みであるということです。あるいは。施設では受け入れてもらえない認知症高齢者に、少しでも安心して過ごしてもらいたいと願う介護経験者や元介護職員・看護職員などによって始まったのです。

しかし、宅老所にしても小規模多機能施設にしても、「利益が出にくい、デイサービス・宿泊のサービスの利用に定員制限がある」などによって、なかなか増えていかないのが現状です。これからますます超高齢社会が進むことが予想される日本においては、政治がこれらの施設の現状を知って補助金を出し、介護するもの、されるものが共に幸せな日々を送ることが出来るようにしてほしいと、心から願っています。
[PR]

by eastwatery | 2011-01-05 22:34