イタリアへの旅(その1)

来年、私達は金婚式(結婚50年目)を迎えること、そして、私の古希(70歳)のお祝いを兼ねて、4月23日~5月1日まで、イタリアへの旅を私の弟夫婦と共に楽しんできました(ちなみに、旅行企画・実施は阪急交通社「感動のイタリアハイライト9日間」)。

1日目:
4月23日4時半に起き、広島空港から9:20発の中国東方航空で上海まで1時間40分の飛行時間、ここではトランジットで上海発12:30発でローマへ向かいました。広島からのトータルの時間はせま~椅子に座って14時間10分の飛行時間でした(機内食は昼食・夕食の2回。日本食(?)と中華料理のメニューから選びました)。19:00前にローマ着陸後は、迎えの専用バスでホテルへ。到着後、36人のツアー客は皆ぐったりとして休むだけでした。

2日目:
 バイキングの朝食後、7:30ホテルを出てローマテルミニ駅へ行き、9:15分発のユーロスター・イタリア(2等車)に乗ってミラノへ出発。この電車には、食堂車もあり、車内販売もありました。車内販売では主にスナック、コーヒー、飲料水(水道水は×)を含むソフトドリンクなどに加えて、イタリア名物のワインなども販売していました。特に印象的だったのは、売り子の中年男性が片言の日本語を上手にウィットをきかせながら操り、ニコニコと笑顔を振りまくこと、それに連られて、もう一人の若い女性がヒマワリのように明るい笑顔を振りまいていた事でした。
ここでは、ちょっとした事件がありました。いかにもイタリアらしい「スリ」の出現でした。私達のツアー客の一人は電車に乗るなり、カードを盗まれましたとのこと(カードNOなどを控えていて、30分後にはカード使用不可能となる手続きが済んだとのこと)、次の人は「荷物を上の荷物置き場に両手で置くように」とジェスチャーで言われたこと、彼女は怪しんでそうしなかったので大丈夫。次の男性は、腰につけていたウェストポーチを探られたこと。その次が私がそのスリに出会ったのですが、どうも行動があやしいので、英語でいろいろ質問し、最後に「チケットをもっているの?」と尋ねた途端二人の若い女性スリは、すごい勢いで列車から出ていきました。イタリアの「スリ」は有名ですが、イタリアでの旅の1日目にスリに会うとは思いもしなことでした。 それ以後はみんなは肩越しに斜めにバッグを持ち、慎重に行動したので、スリ騒動は問題なくなりました。。

次は、3時間のミラノ観光。ミラノのシンボルのドゥオーモ(大聖堂)は1386年から500年を費やして1813年に完成した建物です。天を突き刺すように伸びた135本の小さな尖塔と天井を飾るステンドクラスは、ゴシックの一大傑作と讃えられているいるそうですが、まさに、その正面に立つと、豪華さととてつもない大きさに圧倒されました。内部には巨大なパイプオルガンとキリストの布教活動が描かれた数え切れないほどのステンドグラスがありました。ステンドグラスは、製作された時代によって、絵の描き方や色などに特徴があり、その美しさにただただ、見とれていました。

次には、ヴィットリオ・エナムエーレ2世アーケードでのショッピング街を散策しましたが、多くのブランド店とカフェなどが軒を連ねていました。(私達は、名物のジェラードを賞味しました)。このアーケードは、イタリア再統一を祈念して、1865年から12年かけて造られたとのこと。市民はこのアーケードには誇りをもって「ミラノの応接間」と呼んでいるとのことでした。ミラノには、かの有名なベアとリーチェが寄進したサンタ・マリア・デッラ・スカラ教会があった場所に建てられた「オペラの殿堂」スカラ座を外側からの見物。殿堂という名前とは裏腹に、とても地味な外観でしたが、掲示板には次回のオペラコンサートの広報がしてありました。
 昼食にはミラノ風カツレツ(フライパンにバターをひいて焼く料理。ミラノ風は、黄金色を示し、焼き色が美しいものでしたが、私にとっては油っこくて少ししか食べられませんでした)

3日目:
 8:15専用車のバスでベネチアへ出発。「イカ墨のスパゲッティー」の昼食後、世界遺産ベネチア観光(1時間半)として、サンマルコ大聖堂を見学。この大聖堂は、828年、アレキサンドリアから運ばれた聖マルコの遺骸を安置する場所である礼拝堂として建築されました。976年に焼失後は、ベネチア共和国の威信を示すため1063年から400年がかりで大聖堂に建て替えたもので、数少ないギリシャ聖堂としてモザイク模様が荘厳でした。
そして・・・ベネチアで楽しみにしていたゴンドラへの乗船でした。近年、ベネチアは少しずつ海面が上がりつつあり、特に大潮の時には、家の中に水が入ってくる状況があるので、いつまで水上都市のベネチアでの旅情を満喫できるかどうか定かではありません。

 ゴンドラのルートは決まっておらず、行先は、水かさや天候で漕ぎ手が決めるとのこと。サンマルコ広場やリアルト橋(1591年に建造された大理石の太鼓橋)などをくぐりながら、周囲の古い建物などを眺めつつ、その一方で漕ぎ手の男性の「オーソレミヨ」などの歌を聴きながら風情のあるゴンドラ紀行を楽しみました。一つの船では6人が定員で、船の飾り方は漕ぎ手の趣味によるものか、いろいろな彫刻がされ、椅子などもなかなか凝ったものでした。
3日目のランチは、入り組んだ小路を何度も曲がりくねりながら行ったひなびたレストランで
の「イカ墨スパゲティー」で、みんな食べ終わったら、歯が真っ黒、お互いに口の周りにイカ墨をつけた相手を見て大笑いでした。味は、広島で食べても同じかな?と思う程度でした。

長くなりました。イタリアへの旅(1)はこれで終わりとします。読んでいただいてありがとうございます。
[PR]

by eastwatery | 2011-05-27 17:02  

長い間、ご無沙汰をしていました >>