長い間、ご無沙汰をしていました

約3カ月ブログをお休みしていました。こんなにお休みしたのは始めてです。
理由は、まず、広島では市長選挙があり、ボランティアとして関わっていた事、その後からは、小学校3年生のクラス会「古希の会」の幹事として文集づくりをしていた事、
そして・・・・・その後、4月23日~5月1日までイタリアへ旅行をした事、その後もいろいろあって、やっと今日ブログを書く余裕と時間ができました。

前述のことは、おいおいに書いていきたいと思います。まずは市長選挙について。選挙については、1年半くらいは、いろいろ書いていけないとのことなので、詳しくは書けませんが、私はボランティアの人たちのコーディネーターなどを主として活動しました。

広島市は元秋葉市長が2期(8年間)にわたって市長を務めてきましたが、3期目を見送られたことにより6人の立候補者により市長選挙がおこなわれました。

投票は、4月10日でした。私が後援したのは元広島副市長の女性でした。年齢は45歳、
市長候補としては若くても、知見・判断力・行動力・経験などは素晴らしく、そういう経歴であっても謙虚で、まっすぐな生き方をしている人でした。

事前に、8人の友人と初対面の彼女と会って、いろいろ話し合う中で「この人に広島市長になって頂きたい」という思いが強くなりました。3月から1カ月余り、時間が取れない時を除いて、私の生活は、ほとんど選挙の応援一色となり、毎日睡眠時間が5時間くらいで、4月10日まで活動してきました。

4月10日の選挙結果は、次点でした。最終的には6人の候補者の中で、当選者の松井現市長と豊田麻子さんの一騎打ちとなりました。保守的な広島を変えたいという思いで、活動してきましたが、残念な結果となりました。現在は、選挙につてい詳しく書くことが出来ないので、ここまでです。

しかし、私個人としては、人生の中で貴重な体験をした日々でした。夫が「応援をするなら徹底的にやること」と言って後方支援をしてくれ、人手の要る時に手伝ってくれました。
ボランティアのまとめ役は、私が非力で思うように後援することができなかったのは、本当に申し訳ない気持ちです。ただ、一つの目的・目標に向かって生活した日々は充実していました。

その上、今までに出会った事のない素晴らしい人に出会い、その人のために無私の気持ちで応援できたことは、人生の1ページに残る思い出になりました。
[PR]

by eastwatery | 2011-05-13 02:32  

<< イタリアへの旅(その1) 思いは伝わる >>