思いは伝わる

 このところ人間以外からでも「思いは伝わる」という体験を受けており、感動しています。
まず、初めに野ボタンの花。この花は、本来なら秋口に咲くのですが、昨秋には蕾をつけただけで咲くところまでは行きませんでした。4年くらい前、園芸店で小さな野ボタンの苗を見つけ買い求めました。この苗はニュージーランドでは、大きな灌木となって品の良い紫の花をつけており、その木が、そこ、かしこにある情景が忘れられず、買い求めたものでした。

2年間は、秋になると次々と花をつけていましたが、昨年は、1つの花をつけただけで、冬の間はずっと屋内に置いて育てていました。今年も秋にも、そのような感じでしたが、今年の私の思いは違っていました。今年は、どうしても多数ついている蕾は絶対に咲かせてもらいたい、咲かせたい、という思いが強く、寒くなってからは、屋内に入れても、天気が良く暖かな日の日中は玄関わきの日当たりのよい所に出し、午後3時~4時ころには屋内に入れるという繰り返しを毎日飽きることなく繰り返しました。 そうしたら、なんと健気にも小さい花ながら、高貴な紫色の花をどんどん咲かせ始め、これからも咲くであろう蕾が一杯ついています。「頑張って咲いてね」「良く頑張って咲いたね、嬉しいよ」と話しかけながら育てた甲斐がありました。

次は、ジンビジュムという蘭の一種です。これは、28歳の息子が生まれた時、夫の会社の方がお祝いとして下さったものです。28年の間には紆余曲折ありましたが、今では3鉢に株分けをして、その株一つにピンクの花1本をつけています。頂いて5年間くらいは、お正月の活け花用になる時期に5本位咲いていましたが、最近はやっと1本。それでもよくもまあ、28年間も生きてくれ、律義にお花をつけてくれるこの蘭には、大感謝をしているし、身内のような気がします。

そして、最後の「思いが伝わる」のは、私たちのウォーキングコースの1軒の家に飼われている柴犬の「ちくわちゃん」です。我が家は結婚以来40年近く、合わせて6匹の犬と家族として共に生きてきましたが、6年前に亡くなったハッピーちゃんを最後として、これ以後飼うことはあきらめました。というのは犬の寿命を15年と考えると私たち夫婦が最後まで世話をしてやることは無理だと思ったからです。
だから、それ以後は近所の犬を可愛がらせてもらうことにとどめていました。それだけでなく、ウォーキングコースを始めて「ちくわちゃん」に会い、親しくなりたいと思うようになりました。ところが、この犬は、人になかなかなつかない事で有名な犬でした。でも、名前を呼べば、ちょっと眼だけは合わせてくれるので、通るたびに座っていようと、寝転んでいようと「ちくわちゃん」と呼び掛け始めて6カ月たったころから、私たちの足音が解るのか、座って待ってくれるようになりました。

そして・・・・ついに「こっちへおいで、ナデナデしよう」と言うと、寄ってくるようになりました。そして、「もう行くからね。バイバイ」と言うとすり寄ってきて、「もっと、もっと」とねだるようにもなりました。

ここ1週間、天気の良い日が続いたので、「ちくわちゃん」は寝そべっている事がよくありました。そういう日は、私を見つけると、お腹を天に向けて大股を広げてナデナデをしてもらうのを待っています。 これは、もう完全に私に心許している証拠です。ここまで来るのに6カ月かかりました。 でも「ちくわちゃん」のお蔭で、どれだけ私たちのウオーーキングが楽しくなったか、実際に言葉を交わす事ができなくても、お互いの思いが通じることが、こんなに嬉しいものなのかと喜び、ちくわちゃんに大感謝です(ちなみに、「ちくわちゃん」は男性が、苦手なのか、夫とは目を合わせても、まだナデナデまでには、もう少し時間がかかりそうです)。
[PR]

by eastwatery | 2011-02-24 00:47  

<< 長い間、ご無沙汰をしていました 映画「太平洋の軌跡~フォックス... >>